自然葬の定義と園背景について

main-img

自然葬という言葉は、市民運動団体「葬送の自由をすすめる会」が、1991年の発足事に作った「会結成の趣旨」の中ではじめて使った言葉で、1995年「大辞林」にのり、1998年「広辞苑」にも収録されて一般的に使われる言葉となりました。



自然葬には、二つの意味があり、一つ目は、墓でなく海や山に遺体や遺灰を戻すことにより、自然の大きな循環の中に返してゆこうと言う葬送の方法です。



今まで、日本で行われていた墓石を用いる方法とは違い、墓標を用いず、遺骨を自然に帰すことで、散骨と同じことをいいます。



もう一つの考え方は、風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、樹木葬、冷凍葬など自然に回帰する葬り方全てをさす場合があります。



以前の考え方は自然葬=散骨でしたが、今は骨壷を用いないで、直接土中へ遺骨を埋葬する方法も自然葬といわれるようになっています。



この方式を望む声が大きくなった理由は、自然に帰りたいと思う人がふえているのと、核家族化や少子化により、これまでの様に家系を大切にする墓の管理方法が、維持できなくなっているからです。

最近は、高い葬儀代への批判や核家族化や少子化で墓の継承が出来ない事や火葬率が99%を超え、衛生上問題がないことや環境対策として、墓地造成による自然破壊への批判が強まっている事が理由で、散骨が現代の自然葬として復活してきており、葬送業界でも各地でこの方式に取り組む様になってきています。

基本的には、日本人には、死後自然に帰ると言う考え方があり、この考え方が、散骨を含む、この葬送の方式を望む人が増えて来た理由の一つではあります。



関連リンク

subpage01

自然葬にあるデメリット

自然葬という方法は死後、自然に還りたいと願う人の願いをかなえる新たな葬儀の方法として認識されるようになりました。「死後は自然に還りたい」として願う人は決して少なくなく、その人の願いをかなえることが出来るということで言えば非常に大きなメリットがあるでしょう。...

more
subpage02

自然葬の定義と園背景について

自然葬という言葉は、市民運動団体「葬送の自由をすすめる会」が、1991年の発足事に作った「会結成の趣旨」の中ではじめて使った言葉で、1995年「大辞林」にのり、1998年「広辞苑」にも収録されて一般的に使われる言葉となりました。自然葬には、二つの意味があり、一つ目は、墓でなく海や山に遺体や遺灰を戻すことにより、自然の大きな循環の中に返してゆこうと言う葬送の方法です。...

more