自然葬の未来はどうなるのか

main-img

自然葬は現在では法的に問題のないこととして扱われていますが、しかし将来的に全く同じ状況が続くのかと言われると怪しい部分があることは否定できません。

ではどうしてそのように言われるのかというと、まず「遺骨を墓地に納めない」ということが決して一般的なことではないからです。



現代の日本では故人のほとんどの人が墓地に納骨されるようになっており、そして寺社などによって管理されるようになっています。墓地に遺骨を納めるということは宗教的な考えだけでは無く、遺骨という重要なものを衛生的な環境で管理するという意味もあるのです。



1990年代の厚生省は自然葬に対して「法律は土葬に関する規定であるため、海や山に散骨するような自然葬に関して制限することはない」というような見解を示しましたが、これは認めたわけではなく、あくまでも法律で罰することはできないというような見解を示しただけに過ぎません。



そのためもし多くの人が自然葬を望み、その中で悪影響が出るようになったのであれば法的に規制される恐れは十分にあります。また現在ではこうした自然葬をプロデュースする業者が多くいますが、民間の霊園の傾向を見ると経営環境は決して良いとはいえません。



寺社ですら倒産リスクがあるのが当然の時代になっており、もし樹木葬や散骨などが出来たとしても、将来的に霊園を管理する団体が倒産してしまうと、墓参すら出来なくなる恐れがあります。



そうしたことを考えると、本当にこうした形の葬儀で後悔をしないかどうかということは冷静に考える必要があるでしょう。



関連リンク

subpage01

自然葬にあるデメリット

自然葬という方法は死後、自然に還りたいと願う人の願いをかなえる新たな葬儀の方法として認識されるようになりました。「死後は自然に還りたい」として願う人は決して少なくなく、その人の願いをかなえることが出来るということで言えば非常に大きなメリットがあるでしょう。...

more
subpage02

自然葬の未来はどうなるのか

自然葬は現在では法的に問題のないこととして扱われていますが、しかし将来的に全く同じ状況が続くのかと言われると怪しい部分があることは否定できません。ではどうしてそのように言われるのかというと、まず「遺骨を墓地に納めない」ということが決して一般的なことではないからです。...

more