自然に帰る自然葬を考える

main-img

最近話題になっているのがお墓の継承問題です。



例えばお墓を継ぐ子供がいなかったり、また嫁いで行ったりと問題は様々です。

また新たにお墓の購入を考える場合も、子供に負担を掛けたくないから購入しないという家庭も増えています。


そこで葬儀の在り方にも変化がみられます。



生前に自分が亡き後の葬儀の在り方について書面にて残す方もいれば、家族に直接伝えている方もいますが、やはり金銭的な問題で残された家族に負担を掛けさせたくないう考えを持っている方が多いようです。そこで自然葬という形で葬儀自体を執り行わず、本来の自然に帰るというやりかたを希望する方もいます。生前海や山が好きで、趣味として良く出かけていた方だと海や山に散骨を希望する場合、葬儀社でも希望に添った自然葬を執り行ってくれる所があるので、調べてみるのも良いでしょう。



また生前に本人が葬儀社に行き、相談することも可能です。



特に自然に散骨する場合は手続きなどの面倒な事も葬儀社に相談でき、また海などは船舶が必要な場合がありますので確認しておく必要があります。



また珍しい所で宇宙葬というのもあります。


自然葬と同じで宇宙へ帰るということですが、大気圏まで骨を運び散骨するという方法もあります。


人それぞれ思いや考えは違いますが、できるだけ希望を叶えてあげたいと思うのが残された家族だと思います。



できれば生前にこうしてほしいという希望ときちんと伝えておくことも大切な事だと言えるでしょう。

関連リンク

subpage01

自然葬の定義と園背景について

自然葬という言葉は、市民運動団体「葬送の自由をすすめる会」が、1991年の発足事に作った「会結成の趣旨」の中ではじめて使った言葉で、1995年「大辞林」にのり、1998年「広辞苑」にも収録されて一般的に使われる言葉となりました。自然葬には、二つの意味があり、一つ目は、墓でなく海や山に遺体や遺灰を戻すことにより、自然の大きな循環の中に返してゆこうと言う葬送の方法です。...

more
subpage02

自然に帰る自然葬を考える

最近話題になっているのがお墓の継承問題です。例えばお墓を継ぐ子供がいなかったり、また嫁いで行ったりと問題は様々です。...

more