いろいろな自然葬について

main-img

自然葬とは従来の墓地に墓石を置く埋葬ではではなく、遺骨を粉状にして海や山に散骨したり墓地として認証された墓域に還す樹木葬など自然の大きな循環の中に回帰しようとする埋葬方法です。樹木葬の特徴としましては散骨とは違い、合行政の許可をとった霊園や墓地に遺骨を埋葬し、石碑のかわりに樹木を墓標とします。

海洋葬の珍しい情報をご紹介しています。

樹木葬の中でも里山型と公園型と大きく二つに分かれます。


里山型は山深い自然の中でゆっくりと眠ることができます。


自然と一体化することが多いので墓標が分かりにくくなる場合があります。
公園型は霊園内に個別区画を設けているタイプと一つの木の下で合同で眠るタイプがあります。

西宮の葬儀に注目が集まっています。

散骨には海への散骨・山への散骨・宇宙への散骨があります。
海への散骨は海岸から10km以上離れた場所で粉末状にした遺骨を撒く方法で、船舶で撒く方法とヘリコプターで空から撒く方法があります。

新しい樹木葬の情報サイトを利用して良かった。

山への散骨は山林や野原などに散骨する方法です。

https://okwave.jp/qa/q170845.html

粉末化しない遺骨の埋葬は法律により墓地と指定されている場所以外では禁止されています。

最高のhttps://okwave.jp/qa/q8981002.htmlを詳しく調べるなら便利なサイトです。

宇宙への散骨は粉末化した遺骨を専用のカプセルに入れてロケットに入れて打ち上げ、人工衛星として周回させます。

やがて地球の引力に引かれて落下し流れ星となります。

巨大バルーンに粉末化した遺骨を入れて宇宙に散骨する方法もあります。

https://news.goo.ne.jp/article/bengoshi/life/bengoshi-topics-5661.html情報が満載です。

宇宙へ旅立ったバルーンは高度30〜35km(成層圏)付近で気圧の関係で膨張し一瞬で散骨されます。

このようにいろいろな自然葬があります。

関連リンク

subpage01

自然に帰る自然葬を考える

最近話題になっているのがお墓の継承問題です。例えばお墓を継ぐ子供がいなかったり、また嫁いで行ったりと問題は様々です。...

more
subpage02

自然葬の未来はどうなるのか

自然葬は現在では法的に問題のないこととして扱われていますが、しかし将来的に全く同じ状況が続くのかと言われると怪しい部分があることは否定できません。ではどうしてそのように言われるのかというと、まず「遺骨を墓地に納めない」ということが決して一般的なことではないからです。...

more